梅雨の時期のスパイス活用法

そろそろ梅雨の時期がせまってまいりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

スパイスには、季節の変わり目の体調不良等にすぐれた薬効をしめす場合があります。

梅雨の時期は、湿度がけっこう高くなります。東洋医学やアーユルベーダでは、胃腸などの消化器系は湿気に弱いとされています。梅雨の時期は他の時期にくらべて食欲不振や消化不良になりやすいといわれています。そんな時はスパイスを役立ててみてはいかがでしょうか。

消化不良や食欲不振に効果があるとされているスパイスクミン黒胡椒がよいとされています。クミン 004もしなんとなく食欲がなく体調がすぐれないなとゆう日があれば、クミン黒胡椒を料理につかってみてはいかがでしょうか。たとえば市販のガラムマサラにはクミン黒胡椒が使われていることが多いです。ご家庭でカレーを作る場合にも梅雨の時期はガラムマサラをいつもより多めに入れてみてもいいかもしれませんね。

また作って時間の経過した料理は消化し難くなるといわれています。
なので前の日に作ったカレーやレトルトのカレーを食べる場合もガラムマサラを食べる直前に入れると多少は消化しやすくなると思います。